マネパスHandyでできること いつでも どこでも 簡単に ライフプランをあなたの手の中に

「シミュレーションを個人の手の中に」 自分の未来を想像できる

従来のシミュレーションツールは金融機関が保持しており、更新が必要な際はFPに依頼する必要がありました。しかしマネパスでは、お客様個人がシミュレーションを行い、人生の変化に伴いタイムリーに更新ができます。

「あなたが抱える問題に解決策を」 シミュレーションからわかる

ライフプランシミュレーション後に、投資信託や保険など、あなただけの最適な保障・積立投資を同時に設計する機能を搭載。ただシミュレーションして終わりではなく、理想の将来に向けた問題解決へスタートできるツールです。

「シミュレーションを個人の手の中に」 多彩なツール使用環境

従来のシミュレーションツールは金融機関が保持しており、更新が必要な際はFPに依頼する必要がありました。しかしマネパスでは、お客様個人がシミュレーションを行い、人生の変化に伴いタイムリーに更新ができます。

「シミュレーションを個人の手の中に」 あなたの決断を支える

従来のシミュレーションツールは金融機関が保持しており、更新が必要な際はFPに依頼する必要がありました。しかしマネパスでは、お客様個人がシミュレーションを行い、人生の変化に伴いタイムリーに更新ができます。

お客様の声

会社員 I様(50代)

子供も就職をしセカンドライフについて考えるようになりました。まずはシミュレーションをしてみると良いことを知り、探してたところマネパスHandyに出会いました。
これまでライフプランを作成したことはありませんでしたが、マネパスHandyは入力が簡単であっという間にプランができました。直感的に操作できる点は機械に疎い私たちには助かりました。ベースのプランをコピーして様々なパターンで老後資金を確認しました。定年までしっかり働ききればある程度余裕のある老後を過ごすことが出来るとわかりとりあえず一安心です。とはいえ、1つの要因でライフプランが大幅に変わることもわかりましたのでこれから老後に向けて定期的にチェックしていこうと思います。

会社員 T様(30代)

今よりやりがいのある仕事をと思い、転職活動中です。とは言え、家族の生活や将来もあるので、今後どれくらいの年収が必要かをシミュレーションしたくマネパスHandyを利用しました。
結果、転職先候補の選択肢を絞ることに成功し、あんしんして転職活動を進めることが出来そうです。まずは自身のキャリアアップを成功させようと思いますが、落ち着いたら、リコメンドいただいた金融商品(保険や投資信託)の検討も行いたいと思います。

会社員 F様(40代)

妻と息子2人の4人家族です。上の子が私立中学に進学する可能性が出てきたため、今の収入と貯金で問題ないか不安になりマネパスHandyを利用しました。これまでも無料のライフシミュレーションはいくつか利用したことがありますが、簡易的である一方で完成したシミュレーションが現実と乖離してしまうことが多く悩んでおりました。
マネパスHandyは入力自体は非常に簡単で、直感的に操作できる点がまず好意的でした。また、課題であったシミュレーション結果も限りなく現実と擦り合わせることができ、信頼できるプランとなりました。私立中学への進学プランはじめ、住宅購入や繰り上げ返済なども入力でき一生涯のお金の流れを把握することができ大変満足しております。

会社員 M様(40代)

子供が私立中学に通っております。夫婦共働きなこともあり、今まで教育資金のあまり心配はしてきませんでしたが、留学や大学院進学の可能性も考え、念には念をとマネパスHandyを利用しました。以前、銀行の方におススメされたシミュレーションツールはインストールが煩わしく、結局利用することはありませんでしたが、マネパスHandyは登録も簡単でブラウザ上で直ぐにシミュレーション出来るので大変助かりました。結果、留学や大学院進学を考えると、老後資金が不足することがわかりこれから新たに積立を始めることとなりました。
夫婦でお金についてしっかり向き合うきっかけを作ってくれたマネパスHandyには感謝です(笑)スマホでも使用可能なためいつでも簡単にチェックすることが出来有難いです。

シミュレーション機能一覧

ライフプラン

  • キャッシュフロー表
  • 金融資産推移グラフ
  • 各種データ集(結婚、出産、進学、習い事など)
  • 老齢年金額自動計算
  • 進路別教育費
  • 副業等の収入入力 ほか

住宅購入・住宅ローン

  • 住宅ローン詳細入力
  • 住宅ローン複数入力
  • 住み替え入力
  • 住宅ローン繰り上げ計算
  • 団体信用生命保険

生命保険・資産運用

  • 必要保障額計算
  • 必要な保障を可視化
  • 金融商品同時設計機能
ページの先頭へ戻る